小山市の自学塾Active

栃木県小山市の学習塾、自学塾Activeです。私立特待、栃高栃女、宇高宇女を自学自走で目指す塾です。

2023佐野日本大学中等教育学校第1回算数大問3

 

小山市の自学塾Activeです。

2023佐野日本大学中等教育学校第1回算数大問3です。

小問集合ですね。特殊算もいるので、きちんと中学受験の学習をしてきていないと厳しいかもしれません。

では、早速見ていきましょう。

 

1.整数

3でも4でも割れない数は、3と4の最小公倍数の12が被ってしまうので、その分引く必要がありますね。

 

2.比

線分図を書きましょう。

全体を1としてどれだけお金を使っていったか書いていきましょう。

気を付けたい点として、「もともお金の〇分の△」と「残りのお金の〇分の△」は意味が違うので注意。

 

3.割合

今年は、去年より何%値上がりしましたか?

という問題が来た場合

今年の方が去年より値段が上がっているのだから、去年の何倍が今年になるか考えよう

という思考の流れがほしいです。

中学受験は、割合が比が好きですからね。

 

4.つるかめ算

りんごとみかんを買う問題です。

どちらかを限界まで買って、そのあとにチェンジしていけば解けますね。

このような問題は

小6:つるかめ算

中1:1次方程式

中2:2次方程式

で出題されますが、きっと中学受験組は連立方程式の文章題を解く時、「つるかめ算ができるのであれば、わざわざ文字xやyとおかなくても解けるのに...」って思っちゃいそうですね。

 

5.線分図

水槽に入っている水の問題。

最初AにはBの倍の量の水が入っていて、同時に水槽の栓を抜きます。

Aは毎分154L、Bは毎分7Lの水が排出され、5分後にAとBの水槽の水の量が同じになったとき、Aのはじめの水の量は?

という問題です。

これも、AとBの線分図を2本書けば解けますね。

AはBの2倍だから、Aの線分図は、Bの2倍の長さ。

5分後、水の量が同じになるので、AとBの同じ長さのところにしるしをつける。

Aは5分間で75L

Bは5分間で35L 水を排出しましたね。

AはBと同じ量の水になっているはずだから、半分より水が減っています。

その半分より減った分が、Bで減った水の量と同じ35Lです。

では、Aのマックスの状態から半分までは何Lかというと

75から35を引いた40Lです。

つまり、Aの半分は40Lで、倍にすれば答えが出ます。

 

特待を取るためには、5問中4問解きたいですね。

佐野日本大学中等教育学校に単願の場合、半分取れていれば合格ラインなので、この大問で2問は押さえたいですね。

 

自学塾Activeは、現在生徒募集中!

ご興味がありましたら、ぜひお問い合わせください。

docs.google.com

 

ホームページもぜひ!

oyamaactive.wixsite.com