佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)

2024年3月を目安に栃木県佐野市に自学塾を作ります。メインは自学。これで上位校の合格を目指します。

テキスト+参考書1冊ずつ

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾の教材について考えます。

・小学生低学年

①サイパー(随時購入)

②学校の宿題

黙々と学習するときは①

対話しながら学習するときは②

と使い分けます。

 

・小学生

①テキスト 1教科1冊

②サイパー(随時購入)

小学生は①を使って授業をします。

黙々と学習するときは、②です。

 

・中学受験

①テキスト 

②自由自在 各教科

中学受験クラスは、基本的に自学です。

テキストを自分で進めていくための補助教材として、自由自在を入塾時に配布します。

※ご自宅で既に持っている場合でも購入していただきます。

 

・中学生

①テキスト 各教科1冊

②自由自在 各教科

基本的に自学です。中学受験クラスと同様です。

 

・高校生

①参考書(自費購入)。

完全自学です。授業を行うことはありません。

学習管理をみっちり行います。

 

教材費としては…

小学生低学年

サイパー・・・購入の度に翌月請求

 

小学生

テキスト・・・¥7500/1教科 初回のみ

サイパー・・・購入の度に翌月請求

 

中学受験

¥35000  初回のみ

テキスト代&自由自在の代金です。

サイパーは年間を通して無料で配布します。(※1冊終わったら提出⇒次)

 

中学生

¥30000 初回のみ

テキスト代&自由自在の代金です。

 

高校生

¥自費

 

現在の予定は、こんなところでしょうか。

同じテキストを繰り返し解く。

これをモットーに。

 

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

オンラインの必要性。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾では基本的に授業をしないので、オンラインとなると若干微妙になってしまう感じが否めません。

 

ただ、天気が悪いから今日は家から出たくない

という声は一定数あるはずなんですよね。

今日みたいに強烈な寒波が襲ってきているみたいに。

 

要はオンライン自習室みたいな感じですよね。

土日にオープンスペースにして、かつオンライン自習室を開くつもりでしたが、その流れで考えてみます。

 

オンラインは無いよりはあった方がいいはず。

準備していかないといけませんね。

 

まずは、携帯電話の入手からかな?

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

自学にお金をかけてください。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾は、基本的には授業を行いません。

時々、少し授業をします。

ですが、ずーっと授業ばかりしません。

 

佐野塾は、自学で上位を目指す塾です。

なぜなら、最終目標は大学進学だからです。

自分で学ぶ気概がないと、そもそも一般受験で大学は突破できません。

 

中学受験まででいいのであれば、手取り足取り教えます。

高校受験まででいいのであれば、手取り足取り教えます。

 

でも、それは平日には行いません。

やるとしたら土日ですし、その場合は別途料金を頂きます。

そもそも、つきっきりで教えてもらったら、その後、急に1人にされたらどうするのでしょうか?

 

 

佐野塾は、自ら努力して学ぶ場です。

基本的には生徒に学ぶものは任せます。

しかし、私から生徒に積極的にアプローチして、関係を築いていきます。

 

個人塾(規模も大きくするつもりはありません)なので、おそらく1人当たりに割ける時間は大きくなります。

対話して、その生徒に何が必要かを探っていきます。

その対話をもとに、よりやる気になってくれたら本望です。

 

簡単に言ってしまうと、自学スペースですが

「え?じゃぁ自学に行かせるだけなのに授業料を払うの?」

と驚かれるかもしれません。

 

そうです。

自学に行かせるだけで授業料を頂きます。

 

ただ、その自学先には私がいます。

私は学ぶことが好きなので

①生徒の学習方法を効率化します。

 

②生徒の学習量を可視化します(毎日報告義務有)。

 

③生徒に私が学習する姿を見てもらいます。

 

一番効果的なのは、③だと考えています。

自学塾なのだから、来ることに対して授業料を支払っているのです。

そこに私がいて、ひたすら一生懸命に自学していたら、生徒は何を思うでしょうか?

 

自分も頑張らなきゃ!

⇒佐野塾に向いていますね。一緒に高みへ行きましょう。

 

何か勝手にやってるなぁ。

⇒勝手にやっています。面白いから。

 

質問しにくいなぁ。

⇒そのように思われないように関係を作っていきます。頑張ります。

 

様々な塾の形があって良いと思います。

佐野塾は、佐野塾らしく頑張ります。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

兄妹割引ならぬ、長期割引や習熟割引。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾では、割引制度を何かしら採用しようと考えています。

 

案1 長期割引

1年経過したら授業料5%引き。

 

案2 習熟割引

学習方法が確立したら、授業料10%引き。

※私判断です。

 

※案1と案2で、合計30%引きが最大。

 

案3 兄妹割引

1人分の教材費を無料(高い方)。

 

こんな感じでしょうか。

案の段階ですが。。。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

起業資金について

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

起業資金を来年の2月あたりまでに300万円貯める計画を立てています。

 

現在、三分の一くらいの進捗状況。この調子でいけば達成予定です。

理想は400万円貯めたいですが、これは厳しいですね...

 

自分のお小遣いも少しずつ貯金に回していこうと考えています。

といっても、微々たるものですが...笑

 

あとは、youtubeで動画投稿も始めるつもりです。

これは、学習面に関するものとそうでないものを作る予定です。

 

youtubeはあまり期待していませんが

やれることは何でもやっていこうかと思っています。

 

当たり前ですが、お金を稼ぐためには何かしらの代償が必要です。

私は、睡眠を代償にしようかと。

ただ、最低でも6時間は寝たいので、6時間睡眠でも活動できるような体つくりをしていきます。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

佐野塾の立ち位置は、歯医者ではなくジム。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

どのような塾にするのか?

と言う話です。

 

佐野塾のスタンスとしては、歯医者ではなく、ジムです。

 

例えば、歯医者はどのような時に行きますか?

主な使い方は、「歯が痛くなったから」ですよね。

 

そして、歯医者に行くと、通う頻度はあれど必ず治してくれます。

その後、また虫歯にならないように定期的にメンテナンスに行くことはありますね。

 

これを塾に当てはめます。

成績が悪くなったから、塾に入れます。

勉強をやらない状態からやる状態になるので、成績は上がると思います。

それを維持するために、通い続けます。

 

ものすごくざっくり言うとこんな感じでしょうか。

これを、【歯医者型の塾】としましょうか。

 

一方で、【ジム型の塾】があります。

どのようなものかと言うと、まずはジムの説明から。

 

身体を鍛えたい、と思って、ジムに入ります。

でもジムに入っただけでは身体が鍛えられることはありません。

通わなければなりません。

そこにはたくさんのトレーニングマシンが。

使い方は、勿論わかりません。

なので、トレーナーに聞きます。

「どのように使えば良いですか?」

トレーナーは教えてくれます。

何度も通います。

そうすることで、自分が目指す肉体に近づいていきます。

レーニングを積んでも、効果が出ないこともきっとあるでしょうが。

 

塾に置き換えましょう。

 

「学校で〇〇位になりたい」

「偏差値△△とりたい」

という気持ちを携えて塾に入ります。

「どのように学べばいいですか?」

と聞かれるので、学習方法を伝えます。

その学習方法を続けます。

成績があがったり、あがらなかったりします。

成績が上がらなかったとしても、学び続けなけば衰えてしまいます。

 

だいたい、こんな感じです。

 

佐野塾は【ジム型の塾】です。

やる気を持って入塾してくれた生徒は伸びるでしょうし、嫌々入塾させられて「頑張ります」と言わされても伸びることはないでしょう。

 

【歯医者型】と【ジム型】で、一番誰が頑張っているかを考えてみましょう。

 

【歯医者型】⇒歯科医

【ジム型】⇒身体を鍛えたい人

 

塾に置き換えてみましょう。

 

【歯医者型】⇒塾講師

【ジム型】⇒成績を上げたい人(生徒)

 

どちらが伸びると思いますか?

 

私は【ジム型】の方が伸びると思っているので【ジム型】の塾を開く。

ただそれだけです。

【歯医者型】の塾を批判しているわけではありません。

 

世の中にはたくさん塾があるのだから、自分に合った塾を探せばいい、ただそれだけのことです。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

 

 

 

学習管理について。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾は自学塾です。

生徒自身が自力で学んで成長してもらう場です。

 

私自身は、授業をしたりしなかったりします。

授業以外に何をするのか、というと。

⓪モチベーショントーク

①学習方法の指導。

②机間巡視。

③学習報告の徹底。

④オプション課題の配信。

⑤オプション課題の添削。

⑥学習状況チェック。

⑦自学。

 

色を付けたところを少し詳しく書きます。

①学習方法の指導。

まずは、佐野塾で行う学習方法に従って学習してもらいます。

型を身に付けるのが第一です。

完全に身に付いた後、「ここはこうした方がいいな…」と感じたら手を加えても構いません。

真似ることから学びは始まるのです。

 

いや、その方法よりこっちの方が…

というのであれば、塾を辞めた方がいいでしょう。

 

③学習報告の徹底。

私が現在毎日報告しているように

学習報告を毎日してもらいます。

学習が終わった夜でも良いですし、次の日の朝でも構いません。

・学習時間

・該当箇所の画像

を毎日送ってもらいます。

学習していなくても毎日です。

例外なく、毎日送ってください。

私が学習管理シートに記入して管理します。

報告が無い場合は催促します。保護者、生徒両方にです。

 

学習時間の少なさに対して指導することはありません。

ただし、学習報告を有無に関しては指導します。

 

⑥学習状況チェック

佐野塾は自学塾なので、基本的には生徒の主体性によって成り立ちます。

なので、生徒がそれぞれ別の教科を自学しています。

それすらも管理します。

チェックシートを作成して、1週間ごとにどこまで進んでいるかを確認します。

1週間経って全然進んでいなければ「全然進んでいないみたいだね」と伝えますし

1教科だけ先に進みすぎていたら「別の科目もやった方がいいかもしれないね」と伝えます。

あくまでも、ああしなさい、こうしなさい

とは言うつもりはありません。

 

学習方法に関しては目ざとく指摘しまくりますが

何を学習するかどうかは生徒に任せます。

なので、提案するだけに留めます。

 

結局のところですね。

塾講師がいかに一生懸命に授業をしても

生徒の成績は1mmも上がらないという考えが根底にあります。

試験を受けるのは生徒ですし

その成績で何を感じるかは生徒じゃないですか。

 

塾講師は主人公ではなくて、脇役なのです。サポーターです。

出しゃばりすぎは、よくないのです。

 

同様に、親もサポーターです。

出しゃばりすぎはよくないです。学年が上がるにつれて遠くから見守るべきですが、反比例している気がします。

子供の人生ですからね。自分自身で考えなきゃ。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

 

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆ にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

塾の方向性。

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

様々な塾の形態があります。

 

重きを置いているところが

復習だったり

予習だったり

定期試験だったり

中学受験だったり

高校受験だったり

大学受験だったり

 

佐野塾が重きを置いているのは

大学受験

です。

 

大学受験は高校3年間で戦いましょう

なんてルールは存在しません。

 

学問は、スポーツとは違うのです。

陸上で例えてみましょう。

100m走であれば、全員が平等に100mを走ります。

それも、よーいどんの合図で。

 

初速0の状態から、というのがルールなのです。

スタートする前に動くのも禁止。

勢いつけて後ろから走るのも禁止。

ガチガチにルールが決まっています。

 

でも、学問にはそんなルールはないのです。

早く始めれば、それだけ周囲と差がつけられます。

 

100m走でみんなが「位置について!」と言われている間にも走り出し

それでも審判には何も言われず

「よーいどん!」となるころには80m近くを走っている

そんなイメージです。

 

自分は残り20m

周りは残り100m

負ける気がしないじゃないですか。

 

それが、学問です。

 

早くやっといて損はないです。

 

そして、そうするために学習習慣を確立させる場所が佐野塾です。

 

中学受験がゴールではありません。

もちろん、高校受験がゴールでもありません。

その後、一生学問と向かい合っていく子の為の塾です。

 

なので、「高校にさえ入れれば!」と思いながら入塾するのはお勧めできません。

正直、中学校や高校はどこでもいいとさえ思っています。

ただ、周囲が努力する環境は偏差値に左右されるので、なるべく高い偏差値の学校に行くべきでは?と思いますが。

 

そのような環境を作りたいから、佐野塾を開くのです。

 

嫌々塾に来るのであれば

塾に来ることで歓迎される塾に入ればいいじゃないですか。

自分のニーズに合った塾は、探せば出てくるので。

 

そういう点を踏まえても

何も考えずに入塾されるより

きちんと体験を踏まえて塾の方針を理解してもらってから入塾していただいた方が

齟齬が生まれにくいのでは、と考えています。

 

開校まであと1年。

考えることが尽きないのは嬉しいことです。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

塾のフォローとは?

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

塾のフォローについて考えます。

 

調査をしていないので何とも言えませんが

退塾理由の一番の理由は「成績が上がらない」ことで

2番目は「塾のフォローがない」ことだと考えています。

 

1番の理由の「成績が上がらない」と言われて辞めるのであれば、少なくとも半年は通って欲しいですね。できれば1年。

学習環境は、相当努力しないと変えることは厳しいので、それなりの期間はいただきたいです。

 

2番目の理由には疑問を感じざるを得ません。

塾のフォローがない、と言うのは、どういうことでしょうか?

 

成績が悪かったからそのフォローを!

と言われても...

と思ってしまうのです。

 

そもそも、成績って

結果が返ってこないと分からないものですか?

成績表を見て、あーだこーだ騒ぐのって、遅くないですか?

 

試験を受けてすぐに結果が返ってくるなら分かります。

でも、そんな試験ほとんどありません。

 

ある程度時間が経ってから、結果は返ってくるじゃないですか。

 

成績表を見なくても、自己採点すれば自分がどの立ち位置か分かるはずなのに

それすらせずに成績表の数値に惑わされ

「成績が下がったからなんとかしてください」と言われても

それはそれは困る訳です。

 

まるで、シュレーディンガーの猫じゃないですか。

結果を確認するまで、箱の中には半死半生の猫がいるとでも?

 

違いますよね。

 

自分で試験を受けた時点で、どれくらいやばいかが分かっているはずです。

それをそのまま放置し続けるから、取り返しのつかないことが起きるのです。

 

自分の解いた問題に関心がないとか

自分の得点に関心がないとか

どの分野ができていないか分からないとか

そんな状況では、フォローも何もできません。

 

まずは、自分に何が足りていないかを分析しないといけません。

話はそれからです。

 

そういうのができなくて勉強が苦手なんだから、フォローしてください!

と言われたら...

 

学ぶことに向いていません。諦めましょう。

高校(大学)に行く必要性を感じませんね。

と、佐野塾では言うつもりです。

 

お金を払っているから偉い、偉くないとかいう話ではないです。

学ぶ姿勢の問題です。

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆

土日はオープンスクール的な流れ

佐野市の自学塾「佐野塾」(仮)です。

2024年3月に開校します。

佐野塾は基本的に平日に運営されます。

今までの予定では、土日はお休みでしたが、相方(嫁さん)と相談した結果、オープンスクール的な感じにしようとなりました。

 

オープンスクールとは簡単に言うと、オープンキャンパスみたいなものです。

説明会とかは特にすることなく

塾生が友達を誘って塾に学びに来て良いよ~とする日にします。

保護者同伴でも構いません。

他人に迷惑がかからなければ、なんでもOKです。

 

・土日に提供できるもの

①自学をする空間

②飲み物(缶ジュース1個とか、コーヒー1杯とか)

③質問対応

④進路相談

⑤パズル

 

時間帯は10:00~18:00頃を目安にしようかと。

息子ちゃんと学習していたり、私自身が学習していた場合は対応が遅れることもあります。

 

静か~に学習するのではなく、ある程度雑音がある中での学習になると思います。

いろいろ友達を誘って学びに来てくれればと思います。

 

土日のオープンスクールは毎週行われるわけではありません。

家族でどこかへ出掛ける日や自学走期間中は行いません。

毎月のカレンダーに記載するようにします。

 

 

お問い合わせは、こちら。

まだ開校していませんが、気になることがあればぜひぜひご連絡ください。

 

佐野塾は、2024年3月に開校します。現在、準備に邁進中☆ にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑ぽちっとお願いします☆